【高配当!高優待】KDDI(9433)の決算内容、配当、優待、財務諸表をチェック!

株式投資

どうも!

サラリーマン投資家のふみーです!

私は2014年に会社の上司の勧めで投資デビューし、

今までに…

投資信託

FX自動売買

FXスワップポイント

CFD

先物・オプション取引

不動産

仮想通貨

など様々な投資を経験してきました。

このブログは三度の飯より投資好きの筆者が運営するサラリーマンのための資産運用ブログです!

今回はKDDI(9433)の2020年3月決算の内容や企業分析から投資対象かどうか判断していきたいと思います!

 

大企業だしとりあえず買ってみるか。

 

決算内容が分からないから解説してほしいなー。

 

 

こんな人に読んでもらいたい記事です!

 

それではいってみましょう!。

 

スポンサーリンク

2020年3月期のKDDIの決算ハイライト

出所 KDDI 2020年3月期決算

売上高は5兆2,372億円(前年より+3.1%)、営業利益は1兆252億円(前年より1.1%)となり、

増収増益でした!

 

直近3期全てで増収増益を達成。素晴らしいですね!

出所 KDDI 2020年3月期決算

利益要因を見ると、ライフデザイン領域、ビジネスセグメント約580億円増益しています。

ライフデザイン領域はエネルギー事業やauじぶん銀行などの金融事業が該当します。

またビジネス領域は法人向けに提供しているサービスで、

IoTデータ通信や携帯電話サービス、またこれから注目される法人向け5Gサービスなどを展開しています。

 

KDDIの事業構成(セグメント)は?

 

2020年3月期からKDDIでは通信とライフデザインの融合を推進するため、

従来の4つのセグメントから2つのセグメントへ変更しています。

パーソナルセグメント

個人のお客様向けのサービス。

携帯電話やインターネット回線などの通信サービスを柱に、

コマース・金融・エネルギー・エンターテインメント・教育等のライフデザインサービ

スを提供。

ビジネスセグメント

法人のお客様向けのサービス。

スマートフォン等のデバ イス、ネットワーク・クラウド等を提供。

その他データセンターサービス、5GやIoTなどを提供

 

パーソナルセグメントの営業利益は若干下振れしており前年より-1.3%

これは端末販売収入減少の要因が大きく総務省からの端末販売の適正化が大きく響ていますね。

一方で、ビジネスセグメントの営業利益率は前期比+20.8%と大きく増収しており、

今後このセグメントがどこまで伸びていくのか注目ですね!

出所 KDDI 2020年3月期決算短信

出所 KDDI 2020年3月期決算短信

 

2021年3月期のKDDIの方針は?

売上高(5兆2,500億円)、営業利益(1兆300億円)、当期利益(6,400億円)前年度同水準を業績予想としています。

新型コロナの影響がどこまで長期化するか現時点では分かりませんが、

しっかり予想を出してくれたのは非常にありがたいですね!

 

出所 KDDI 2020年3月期決算

また注目の株主還元策ですが、

KDDIは2025年3月期までの中期経営計画を策定しており、

EPSを2019年3月期比の1.5倍、DPS目標として配当性向40%超、そして機動的な自己株買い、株式の全消却を宣言しています。

出所 KDDI 2020年3月期決算

EPS

1株あたりの純利益のこと。

その期の当期純利益÷発行済み株式数

DPS

1株あたりの配当のこと。年間の累計額。

 

株主還元に積極的な企業で高評価です!

KDDIの配当は?

2021年3月期のKDDIの配当は120円と発表されました!

前期の配当額は115円でしたので5円の増配です!

 

KDDI素晴らしい!

5月15日時点の株価は3,165円ですので、配当利回りは3.79%となります。

 

最新の株価を調べたい人は下のチャート図をクリックして下さいね!

KDDI チャート(直近1年)

上場企業平均でみると中々の高水準ですね!

 

配当性向をどうでしょうか。

配当性向

その年の純利益から配当金をどの程度支払ったのか示す指標。

配当性向が高すぎると減益となった際に減配されるリスクが高い。

配当性向が低い方が配当維持・増配の可能性が高い。

1株あたりの配当額÷1株あたりの純利益×100

配当性向は41.7となっており市場平均ですね。
KDDIは配当性向を40%超とする目標を掲げていますので、しっかりと約束を果ました。
利益が伸びることで自然と配当額が増えていくので今後の動向に注目したいですね。

KDDIの株主優待は?

KDDIは大手通信会社で唯一株主優待を実施しています!(他のNTTドコモ、ソフトバンクはなし)

 

素敵..!

100株以上の投資で年に1回カタログギフトを贈呈

100株以上、5年未満保有で3,000円相当

100株以上、5年以上保有or1,000株以上で5,000円相当

1,000株以上、5年以上保有で10,000円相当

株数と保有期間でカタログギフトの内容がグレードアップします!

出所 YAHOOファイナンス KDDI株主優待

10,000円の静岡県産うなぎ美味しそう…

長期保有で投資しても安定感抜群の企業なので安心ですね!

KDDIの財務指標をチェック!

KDDIの財務指標を『成長性』『安全性』、『収益性』の観点で分析してみます。

成長性

KDDIの過去の売上高営業利益を見ていきましょう!

売上高

2007年から2011年までは横ばいでしたが、2013年以降は順調に伸びてきていることが分かりますね。

営業利益

営業利益も順調に伸びていますね。特に2014年以降増収傾向が高まっています!

2007年からの推移ですが売上高、営業利益共に順調に伸びており、こういう銘柄が優良銘柄なんでしょうね!

競合のNTTドコモと比べると好調さが伺えます。

安全性

次に企業として安定しているのか財務指標で見ていきます。

自己資本比率

自己資本比率 

返済不要の自己資本が総資本に対して何%あるのか図る指標。

自己資本比率が高ければ安定、低ければ不安定な経営をしていると言える。

自己資本÷総資本×100

KDDIの自己資本比率は45.8%

業種にもよりますが一般的に40%以上あれば問題なしなので合格ラインでしょう!

 

有利子負債比率

有利子負債比率

返す必要のある借金が自己資本に対して何%あるのか。

値が低い方が経営が安定していると言える。

有利子負債÷自己資本×100

 

2019年12月決算の情報から計算すると有利子負債比率は34.9%です。

一般的に80%以下であれば問題なしと言われているので、それに比べて随分低い数値になっており、

盤石の経営状態と言えそうです。

キャッシュフロー表

現金の増減とその理由を示す役割があり、現金の流れが把握できる財務諸表である。

大きく営業キャッシュフロー、投資キャッシュフロー、財務キャッシュフロー、フリーキャッシュフロー、現金の項目で構成されている。

 

企業分析を行う場合は必ずキャッシュフロー計算書も見るようにしています。

例えば営業キャッシュフローがマイナスであれば、本業で稼げなくなっている証拠です。

そこが読み取れれば、なぜ営業キャッシュフローがマイナスになっているのかを確認するため、

注意深く決算書を読むことができますね!

ちなみにKDDIの営業キャッシュフローの数値を見る限り、毎年プラスとなっており問題ありません。

安定的に本業でキャッシュを稼いでいますね。

収益性

代表的なROEという指標で見ていきます。

ROE(自己資本利益率) 

自己資本をいかに効率気に運用して利益を出したか図る指標。

一般的には10%~20%が優良企業とされている。

当期純利益÷自己資本×100

KDDIのROEは14.93%で優良企業の基準である10%~20%に収まっていますね。

この数値が低くなると効率的な経営が出来ていないとなり、特に海外の投資家が注目する指標です。

もう1つは営業利益率です。

営業利益率 

売上高に占める営業利益の割合。本業で儲ける力を図る指標。

営業利益÷売上高×100

KDDIの営業利益率は19.6%です。
参考に前期は20%、前々期は19%でしたのでほぼ同水準ですね。
この数値が大幅に悪くなるようでしたら、本業で稼ぐのがしんどくなっている状況ですので
投資方針を考える必要がありますね!
その点ではKDDIは営業利益は安定していると言えそうです。

まとめ

本日はKDDI(9433)の2020年3月決算の内容、配当、優待、財務諸表から投資に値するか調べてみました。

完全な私見ですがそれぞれの評価を以下にまとめさせていただきます。(◎、〇、△、×で評価)

・配当、優待….◎(高配当、高優待は魅力的!)

・成長性…〇(安定的に売り上げ、営業利益を伸ばしている!)

・安定性…◎(自己資本比率、有利子負債比率、営業キャッシュフローを見る限り財務は盤石!)

・収益性…〇(ROE、営業利益率も問題なし!)

総合的に見るとすぐにでも投資したい銘柄です!

株価の割安度を図るPER、PBRを日々ウォッチしながら投資を検討したいと思います!
※くれぐれも投資は自己責任でお願い致します。
KDDIの5月13日時点の株価は3,165円ですので、
3,165円×100株=316,500円から購入ができます。

最新の株価を調べたい人は下のチャート図をクリックして下さいね!

KDDI チャート(直近1年)

・いきなりまとまった資金は準備できない

・少ない株数で取り引きしたい

 

そんな人にはSBIネオモバイル証券をお勧めしています。

ネオモバイル証券は1株単位から取引ができますので、少額投資や分散投資が可能です。

私もSBIネオモバイル証券を愛用しており、高配当銘柄を中心に少額・分散投資を行っています。

直感的に操作できるアプリが秀逸ですので試してみて下さいね!

口座開設は下記からできますので、

 

興味ある人は開設してみて下さい!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました