【運用開始4ヵ月目!】私の日本株高配当ポートフォリオを公開します!

株式投資

どうも!

サラリーマン投資家のふみーです!

本日は単元未満株投資を利用して買い進めている高配当日本株ポートフォリオを紹介します。

私のリアルな保有銘柄と運用成績について公開していきますね。

 

この記事にはこんな事が書かれています。

 

  • おすすめの高配当投資方法
  • 実際の保有銘柄
  • 実際の運用実績

 

 

高配当投資に興味あるけどどうやって買っていいのだろうか。

 

 

高配当投資って実際に儲かるのだろうか。

 

こんなお悩みを解決できる記事です。

 

それでは行ってみましょう。

 

スポンサーリンク

おすすめの高配当投資方法とは?

 

それはずばり『単元未満株』を用いた『積立投資』です。

 

単元未満株投資とは?

日本株取引の場合、通常100株や1,000株単位など売買の最低単位あるが、単元未満株の場合は1株から取引が可能。

 

単元未満株投資のメリットは、

  • 少ない投資金額で投資が可能
  • 様々な銘柄への分散投資が可能
  • より細かく売買が可能

です。

 

もちろん配当金は貰えますし、コツコツ買い進めていき、ある程度の株数になれば優待も貰えます。

 

単元未満株投資に向いている人の特徴は、

  • これから株取引に挑戦する株取引未経験の人
  • 多額のお金は投資できない人
  • 収入の一定額を投資に回せる人
  • 少なくてもいいからコツコツと利益をあげていきたい人

 

です。

 

逆に通常の株取引がいい人の特徴は、

  • 大きな投資金額を動かしたい
  • 短期間で大きく儲けたい

 

こんなところでしょうか。

 

通常の株取引と単元未満株どちらがいいのかはその人の投資にスタイルによって変わります。

私も過去に通常の株取引をやっていた時は、

 

とにかく短期間で儲けたい。

 

という思いから1日で100万円以上のお金を動かすことはざらでしたが、

 

最近は投資スタイルを改めてコツコツ積立投資でやっています!

 

繰り返しになりますが、

 

  • これから株取引に挑戦する株取引未経験の人
  • 多額のお金は投資できない人
  • 収入の一定額を投資に回せる人
  • 少なくてもいいからコツコツと利益をあげていきたい人

 

こんな人はまず単元未満株投資から挑戦してみて下さいね。

 

最近は政府主導で進められている『貯蓄から投資へ』の流れや、

『老後2,000万問題』の話題により、若い人でも投資に興味を持つ人が増えてきていますね~。

 

その為、各証券会社もこれらの若年層を取り込もうと様々なサービスを打ち出していますが、

その代表例が『単元未満株投資』です。

 

おすすめの証券会社の比較記事は下記になりますのでご参考まで。

 

 

話を戻します。

この『単元未満株』を用いて積極的に『積立投資』をしようというのが私の考え方です。

 

積立投資とは?

定期的に積み立てて投資金額を増やしていく投資方法。

 

積立投資で有名な手法は『ドルコスト平均法』です。

 

出所:金融庁HPより

 

有名な投資方法なのでご存じの方は多いと思いますが簡単に説明しますね。

 

例えば1口10円の投資商品があり、毎月1万円ずつ購入していきます。

1月 価格10円 購入個数1,000口

2月 価格9円  購入個数1,111口

3月 価格8円 購入個数1,250口

…..この後は上記図の通りなので割愛しますが、

 

結果、12月までに12万円投資して27,123口購入しました。

12月時点の評価額を見てみると、

27,123口×5円=135,615円

120,000万円の投資に対して、135,615円となり1年間で13%も資産が増えました。

この投資は年利13%で大成功に終わったわけです。

 

ここで重要なポイントを整理します。

 

  • ドルコスト平均法は価格が読めない(日々変動する)投資商品に最適
  • 仮に元の価格まで戻らなくても利益を得る可能性がある

 

特に『仮に元の価格まで戻らなくても利益を得る可能性がある』は意外と忘れがちなメリットです。

 

このケースの場合、

最終的に27,123口となりましたので損益分岐点を計算すると、

120,000円÷27,123口=4.42円以下にならなければ利益が得られます。

 

なんとなく初めの出だしが価格10円からなので、この価格まで戻らないと利益が出ないと思ってしまいますよね。

今回の値動きの特徴は、

2月~9月 価格が低迷

10月~12月 価格が回復

となり、低迷してたけど少し浮上し始めている値動きに最適な結果となりました。

 

必ず利益が出ますよ的な詐欺まがいのことは言えませんが、万能な投資方法であることは間違いありませんし、様々な投資ノウハウで紹介されている有名な投資方法です。

 

日本株に限らず投資商品は日々値動きがあり、プロでも価格は読めません。

であれば予想しなくていい積立投資が最適だと判断した訳です。

 

通常の株取引でも積立投資できるよね?

という疑問をお持ちの方もいると思いますが、やはり100株単位で購入する通常の株取引は投資額が大きくなるので積立向きではありません。

例えば最低単元が100株、株価が1,000円の株があった場合、1回の取引で必要な金額は10万円です。

毎月10万円投資に回せるのであればこれでもOKですが、せっかくなら他の銘柄にも投資したいですよね。

 

私に莫大な資産があれば話は別ですが…。

『分散投資の観点からも複数銘柄で投資した方がいいのでは?

であれば単元未満株投資でコツコツ積立投資しよう』

という考えに至ったわけです。

 

そして株には成長銘柄、安定銘柄、高配当銘柄など様々ありますが、

なぜ高配当銘柄を狙うのか。

 

それは高配当投資こそ資産を確実に増やしていく近道だからと考えたからです。

 

そりゃあ私だってテンバーガーとか狙いたいですよ~。

でも難しい!もっともっとセンスを磨く必要があります!

 

やはりサラリーマンで安定した給与を活かして資産を築くなら、再現性の高い高配当銘柄がいいでしょう。

高配当銘柄で資産を築くポイントは『高配当株の複利投資』です。

受け取った配当を再投資する『複利の力』を利用する

 

とても有名な話ですがアインシュタインが人類最大の発明と呼んだものが『複利』です。

 

初めて聞いたわー。

 

 

このエピソードを知っているかで投資好きか、否か分かりますね(笑)

 

インカムゲイン(配当収入)を使って複利運用をすると資産が増えるスピードが増していきます!

これやらないと損レベルですよ。

ここでは『単利』、『複利』を比較して、複利の破壊力を確認します。

 

実際にシミュレーションしてみましょう!

 

例えばメガバンクの三井住友FGの2020年8月13日時点の株価と配当利回でシミュレーションしましょう!

前提条件 株価30万円(株価3,000×100株)、配当利回り6%

※計算しやすいようにきりのいい数字にしています。

 

まずは15年運用のシミュレーションを見ていきましょう。

 

出所:ネット銀行100の活用術

 

単利と複利を比較すると、

単利→元本300,000円、利息270,000円、合計570,000円

複利→元本300,000円、利息418,966円、合計718,996円

 

差額はなんと148,966円もあります!

 

次に30年運用のシミュレーションです。

出所:ネット銀行100の活用術

 

単利と複利を比較すると、

 

単利→元本300,000円、利息540,000円、合計840,000円

複利→元本300,000円、利息1,423,953円、合計1,723,045円

 

差額はなんと883,045円もあります!

 

この結果を表にまとめてみました!

 

ポイントは2つです。

単利投資ではなく複利投資を行う(配当収入を投資にまわす)

時間を味方につける(1日でも早く投資に取り組む)

 

長いスパンで投資できる人は複利運用を徹底しましょう!

15年の複利運用で元本以上の利息が得られるので、極端な話株価が0になっても損はしませんね!

(そもそも株価が0になったら配当は出ないか…)

 

高配当銘柄に投資する上での留意点

 

このブログでは度々私が気になる高配当銘柄を調べ紹介してきました。

おかげで銘柄を見る目は以前に比べると養われた気がします!

 

高配当銘柄へ投資する上で押さえておきたいポイントをまとめた記事を紹介します。

 

 

 

現在はこれらに加えて、現在の株価が割安なのか割高なのかを図る、PER、PBRも考慮して投資しています。

どんなにいい会社だったとしても既に投資家からの注目が集まり、株価が高かったら儲かるものも儲かりません。

 

いい会社(安定して成長する・利益を還元してくれる)を安い金額で購入するのが株式投資の醍醐味ですね。

 

PER、PBR指標を使った積立投資は現在精査中ですので、

投資手法が固まり次第またブログで紹介します。

実際の保有銘柄と選定理由は?

 

いよいよ私のポートフォリオを大公開します!

 

 

 

銘柄名 銘柄コード 株価 株数 取得単価 投資額 評価額 評価損益
日本たばこ 2914 2,025.5 21 2,070.0 43,470.0 ¥   42,536 -934.0
あおぞら銀行 8304 1,931.0 20 1,995.0 39,900.0 ¥   38,620 -1,280.0
三菱商事 8058 2,322.0 20 2,396.0 47,920.0 ¥   46,440 -1,480.0
日本エスコン 8892 766.0 20 826.0 16,520.0 ¥   15,320 -1,200.0
KDDI 9433 3,283.0 20 3,211.0 64,220.0 ¥   65,660 1,440.0
三井住友FG 8316 3,103.0 20 3,168.0 63,360.0 ¥   62,060 -1,300.0

 

合計
投資額 評価額 評価損益
275,390 270,636 -4,754

 

2020年4月30日から買い進めていき、現在単元未満株で保有している銘柄は6つです。

 

この他に通常の株取引でオリックスを700株ほど保有しています!

(めちゃめちゃ含み損を抱えています。笑)

 

単元未満株の現在の投資額275,390円に対して評価額270,636円、評価損益-4,754円です!

 

 

散々偉そうに解説してきてマイナス実績とは(笑)

いや、実は少し売却しまして。

 

 

現在の保有銘柄を解説した記事をリンクでつけておきます。

(少し古い情報もありますが徐々に修正していきます。)

日本たばこ

 

あおぞら銀行

 

三菱商事

 

日本エスコン

 

KDDI

 

三井住友FG

 

これら6銘柄で配当利回りは5.7%となります!

あくまで予想配当利回りなので企業業績次第では減配の可能性もあります。

 

ただ、比較的安定的に配当を出してくれる企業に厳選して投資していますので、そんなに心配はしていません。

今後の運用状況をしっかりとウォッチしていきたいと思います。

 

引き続きドルコスト平均法、配当の複利投資を実践し、高リターンを得ていきます!

 

ちなみに狙っている銘柄はまだまだたくさんありますよ~。

 

まとめ

 

本日は単元未満株を利用した高配当積立投資のメリットと私のポートフォリオ、実際の運用状況を紹介しました!

今後定期的にポートフォリオの状況、運用状況をブログで紹介していき、

リアルな情報発信ができるように頑張っていきます!

 

私が利用している2社の証券会社で単元未満株投資が可能です。

 

SBIネオモバイル証券

 

LINE証券

 

まずは小額からチャレンジしてみたい方は下記から口座開設してみてくださいね~!

 

 

 

現在『にほんブログ村』の投資ブログランキングに参加しています!

気に入っていただけたら下記をクリックいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました