【高配当・積立投資にぴったり!】SBIネオモバイル証券の6つの特徴と具体的な投資戦略を解説!

証券会社

どうも!サラリーマン投資家のふみーです。

本日は最近巷で話題沸騰中のSBIネオモバイル証券について6つの特徴SBIネオモバイル証券を使った具体的な投資戦略について記事にしました!

 

株式投資は興味はあるけど大きな金額は投資に回せないな…

昔、株で大損したことがあるから怖くて再チャレンジできないよ。

 

こんな人に朗報です!

通常100株、1,000株などまとまった資金が必要な国内の株式投資ですが、

SBIネオモバイル証券では1株から気軽に購入することができます!(買いすぎ注意笑)

先に6つの特徴と具体的な投資戦略についてまとめておきます!

 

SBIネオモバイル証券6つの特徴

  • 日本初!Tポイントを使って株が買える
  • 最低月額200円(税抜)で取引し放題
  • 1株単位で株が購入しやすい
  • 株の「定期買付」機能搭載
  • 手軽にIPO投資に参加可能!ひとかぶIPO
  • ロボアドバイザー投資が少額で取引可能

 

具体的な投資戦略

高配当、高優待株への積立投資

 

下記で詳しく解説します!

 

それでは行ってみましょう!!

スポンサーリンク

SBIネオモバイル証券とは?

今巷で大人気のSBIネオモバイル証券、略して『ネオモバ』です!

これからは知ってる風にネオモバと呼びましょうね!笑

 

SBIネオモバイル証券は大手ネット証券のSBI 証券と CCC マーケティングとの合弁会社として設立され、2019年4月10日にサービスを開始しています。

提供サービスは、

・国内株式取引

・FX取引

・ひとかぶIPO

・iDeCo

・WealthNavi for ネオモバ

の5つです。

既存の証券会社に比べると提供しているサービスの数が少ない印象ですが、

その分エッジの効いたサービス内容であったり超少額投資ができるのが特徴です。

 

まだ設立から1年ちょっとの若い会社なんだね!

ただ勢いが凄くて!口座開設者はわずか11か月で30万口座を達成。単純計算で毎月1万人近くの新規口座開設があるみたい!

 

ここまでユーザーを虜にするサービスを下記で解説します。

SBIネオモバイル証券の特徴

SBIネオモバイル証券は既存の証券会社にない様々なサービスを打ち出しています!

日本初!Tポイントを使って株が買える

お馴染みのTポイントですが最近はファミリーマートやTSUTAYAなど様々なところで提示を求められますよね。

 

ついついめんどくさくて『Tカード持ってません』って嘘ついちゃうんだよね!

こんな私みたいにずぼらな人は多いのでは?

ただそれはとんでもなくもったいない行為なので行動を改めましょう!

 

あなたが言っても説得力ないよ。

なんとSBIネオモバイル証券ではこのTポイントを国内株式の購入にあてることができます!

最近は元手0円からできるポイント運用サービスが様々な証券会社でできるようになっていますね。

楽天ポイント→楽天証券

LINEポイント→LINE証券

dポイント→日興証券

などなど。

余談ですが、なぜ証券会社がポイント運用を押しているのかというと、若くてこれからお金を使ってくれそうな投資初心者を早い段階で取り込みたいからです。

まずはポイント運用で疑似運用体験をしてもらい、その後本格的な投資デビューを狙っているからですね!

 

仮に投資に失敗してポイント失っても、現金に比べたらそんなに痛くないもんね!

最低月額220円で取引し放題

料金体系では今話題のサブスク(サブスクリプション)モデルを採用しています!

SBIネオモバイル証券では月間の売買代金が50万円までであれば、月額220円で何度でも取引可能です!

ちなみに親会社のSBI証券の単元未満株の【S株】サービスの手数料を見てみましょう。

出所:SBI証券 単元未満株 サービス概要

  • 100,000円の約定→手数料500円
  • 10,000円の約定→手数料50円
  • 5,000円の約定→手数料50円(本来は25円ですが、最低手数料が定めらているため)

このような手数料体系になります。

こちらの場合1約定毎に手数料がかかってしまうため、

1ヵ月の間に何回も取引したい

少額で複数の企業に投資したい

 

こんな人の場合には手数料が高額になってしまうんです。

 

少額取引になればなるほど約定代金に占める手数料の割合が高くなります!単元未満株投資が今まであまり普及しなかった要因ですね!

 

そこでこの悩みを解決するために疾風のごとく現れたのがSBIネオモバイル証券です。

ほとんどのユーザーが月間50万円までの取引となると思いますが、

その場合、サービス利用料さえ払ってしまえば買付手数料を気にせず取引ができます!

これは頻繁に取引したい投資家にとっては超超超素晴らしいサービスですよ!

 

 

出所:SBIネオモバイル証券 手数料

これだけでも素晴らしいサービスですが更に、

毎月期間固定Tポイントが200ポイント付与される

サービス利用料100円につきTポイント1ポイントが付与される

こんなサービスもあります!

特にありがたいのが毎月Tポイントを200ポイント付与してくれるサービスで、

これにより実質の手数料は、

サービス利用料220円-Tポイント付与200P=実質20円で株式投資がやり放題です!

まさに大盤振る舞いのサービス内容ですね。

 

よだれでてきたー(笑)

1株単位で株が購入しやすい

日本の株式市場では100株や1,000株単位での株式の購入が基本となります。

これを最低単元と呼び、最低単元以上で株主優待を受けられる会社が多いです

 

たとえば株価が1,000円の銘柄ですと、1,000円×100株=100,000円の投資金額が必要です。

投資最近始めました!って人にとって、この金額はなかなか大きいですよね!

 

私も初めて投資信託を買った時は1万円でも注文するのに手が震えましたよ(笑)

 

余談になりますが外国の株は1株単位で取引ができますので、株式投資のハードルが日本に比べて低くなっています。

日本で投資が中々浸透しなかった理由はここにあるかもしれませんね。

『株式投資はまとまった資金が必要だ』

こんな前提を覆すサービスがSBIネオモバイル証券です!

SBIネオモバイル証券は1株から取引が可能ですので、

あの誰もが聞いたことのある有名企業の株が500円以下で購入もできます!

また小額から買えるメリットは他にもあります。

それはずばり『購入時期の分散化』です!

例えば100円の株を100株買って、1万円を投資しました。

その翌日に株価が暴落…半値の50円になりました。損失△5,000円です。

まさに高値掴みをしてしまったケースですね!

 

この経験は数えきれいないほどしましたよ!

自慢している場合じゃないでしょう(笑)

 

そこで一気に買わずに10株を10日に分けて1,000円ずつ投資できたらどうでしょうか?

翌日の株価が暴落して50円になっても、あらラッキー!

前日に比べて2倍株が多く買えますね!

このように価格が読めない相場にこそ向いているのが積立・分散投資です。

下記の記事で積立投資について触れていますのでご興味あればご覧ください!

1株から買えるメリットをまとめると、

少額で株が買えてしまう

積立投資が簡単にできる

この点が挙げられますね!

株の「定期買付」機能搭載

大手ネット証券のSBI証券のノウハウがたくさん詰まってますね!

 

SBIネオモバイル証券では積立したい銘柄、指定日、積立金額などを設定するだけで全自動で積立ができます!

私は毎月購入する株を入れ替えたいので購入は手動で行っていますが、

一般の人にとって、はっきり言ってめんどうな作業であると思います。

 

私は投資マニアなので全く苦にならない。むしろ快感を覚えますね(笑)

きもいね。

この自動積立設定を使って、

定期預金しているつもりで銀行株を購入

毎月1万円になるように5銘柄くらいのマイポートフォリオを作る

こんな使い方ができますね!

おすすめの銀行株を分析した記事です。

手軽にIPO投資に参加可能!ひとかぶIPO

IPO投資とは新規上場株式を市場に出回る前に購入し、

上場後に短期で売却して利益を狙う手法です。

よほど前評判の悪い株を掴まなければ、大抵は利益になる手法ですので根強い人気がありますね。

 

以前一度だけ抽選にあたって10万円程の利益になりました!

こちらも本来は100株からの購入になりますので数十万単位の大きな金額が必要ですが、

SBIネオモバイル証券では1株から購入が可能ですので、少額からIPO投資が可能となります。

 

ただIPO投資は抽選申込者が多く、なかなか当たらないので当たったらラッキー程度で考えておきたいですね!

機会があれば積極的に挑戦してみます!

ロボアドバイザー投資が少額で取引可能

SBIネオモバイル証券では小額からロボアドバイザー投資が可能です。

WealthNaviは様々な企業とタイアップし、サービスを展開していますが、

大抵、初回入金10万円以上、毎月の積立額1万円以上です。

 

しかしWealthNavi for ネオモバのサービスを使うことで初回入金額1万円から、月々の積立5,000円からとより少額で取引が可能となります。

ロボアド投資に興味はあるけどもっと少額でお試し運用したい人にはいいサービスですね。

ロボアド投資に二の足を踏んでた方はSBIネオモバイル証券で小額から取引挑戦するがお勧めです!

 

たくさん本やブログを読むよりも実際に自分のお金で運用すること方が断然勉強になります。

それを小額出来るのはとても素晴らしい事だと思います。

 

ロボアドバイザー2社の運用実績を比較した記事です。興味のある人はどうぞ!

 

 

私がウェルスナビを始めた時は、初回入金30万円、積立1万円以上だったので少額でできる今の方が投資のハードルが下がっていますね!

 

SBIネオモバイル証券の活用術

以上の特徴を踏まえ、私が実践している活用術を紹介します!

それは『高配当、高優待株への積立投資』です!

SBIネオモバイル証券のメリットは、

・取引手数料制度(月額200円で取引し放題) ※1ヵ月の約定金額が50万円まで

・1株からの少額積立ができる

です!

私の資産ポートフォリオのほとんどがFX自動売買でしたので、株式投資をポートフォリオに追加したいと考え、色々と調べている中でSBIネオモバイル証券に出会いました。

コロナショックをものともしないV字回復でわずか3ヵ月で株価は16,500円から23,000円まで回復しました!

ただ世界経済は確実に悪化していますので、2番底も警戒する中での最低単元投資(100株、1,000株単位)は少々リスクが高いなと感じています。

そこでSBIネオモバイル証券の出番です!

最高でも1回の買付枚数を10株に抑えることで時間分散を図り、購入平均単価を引き下げることができますね!

いわゆるドルコスト平均法投資です。

 

SBIネオモバイル証券では1株単位からでも配当はもらえますし、

積立を定期的に行い、最低単元になった時点で株主優待も獲得できます。

 

中には1株から優待を獲得できる企業もありますよ!

高配当、高優待でおなじみのKDDIの場合、

株価が約300,000円なので、3万円で10株ずつ購入することで10か月後には最低単元の100株到達です。

この方法であればいきなり300,000円準備しなくてもいいし、

300,000円一括購入で高値掴みのリスクを下げる効果があります!

もちろん今後株価が上昇して『先にたくさん買っておけば良かった…』となる可能性もあります。

この辺りは投資家によって様々ですが、これから投資を始める人は間違いなく購入時期をずらすこと

をお勧めします!

KDDIの分析記事は下記になります。

 

日本株は海外の株価に比べて成長力が乏しいと言われていますが、

海外の企業に比べて莫大な内部留保を抱えているため、

倒産リスクが低く、増配余力も高いと考えています

日本株の高配当投資は企業選びさえ間違えなければ、

ゆったり長期保有しながら配当株主優待をもらえる魅力的な投資方法です。

配当→株式を保有しながらの利益確定

優待→投資を楽しむうえでのツール

この高配当株式投資を行う上でSBIネオモバイル証券のサービスはぴったりです。

 

こんなサービスができるなんて、この時代に生まれて良かったとつくづく感じています!

 

日本株投資の企業選びのポイントをまとめた記事は下記を参照ください。

 

まとめ

本日は私が気になっていたSBIネオモバイル証券の記事を紹介しました。

このブログでは企業分析や実際の運用状況も赤裸々に発信していきたいと思います!

まずは小額からチャレンジしてみたい方は下記から口座開設してください!

 

 

SBIネオモバイル証券

 

現在『にほんブログ村』の投資ブログランキングに参加しています!

気に入っていただけたら下記をクリックいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました