積立NISAに挑戦!楽天証券なら楽天ポイントが貯まる!

NISA

こんにちわ!サラリーマン投資家のふみーです。

将来の豊かな老後を目指してフル稼働で投資をしている投資マニアです。

このブログでは投資や節約情報を紹介していますので、他の記事も読んでいってくださいね。

今回ご紹介するのは楽天証券での積立NISAの記事です。

今多数の金融機関がNISA口座を獲得しようと気合い入れて営業していますが、

積立NISAをやるなら積立と同時に楽天ポイントが貯まる楽天証券一択だと考えています。

そもそもNISAって何?楽天ポイントって何?という方にも分かりやすく記事を書いていきますので、

ご参考に。

スポンサーリンク

NISAとは

2014年1月からスタートした少額投資非課税制度の愛称です。

通常、株式や投資信託の運用益に対して20.315%の税金がかかるところを、このNISA制度を利用することで非課税となる素晴らしい制度です。

NISAには3種類ありまして、一般NISA、積立NISA、ジュニアNISAと呼ばれています。

一般NISA

投資できる上限は年間120万円、非課税投資総額は最大5年分の600万円。

株や投資信託など多種多様な商品に対応。外国株やETFも対応可能。

積立NISA

投資できる上限は年間40万円、非課税期間は20年で最大800万円投資可能。

積立NISAは金融庁げ厳選した商品だけで、2020年3月時点でインデックス型投資信託の154本、

アクティブ型投資信託で18本、ETF(上場株式型投資信託)で7本の計179本。

一般NISAに比べると1年間の上限額が少額ですが、20年の長期運用期間を活かした長期的な資産形成に適した制度となります。

ジュニアNISA

2016年1月からスタートした制度。

国内の未成年者(0歳~19歳)対象にし、年間の上限額は80万円、非課税期間は一般NISAと同じく5年間となります。一般NISAとジュニアNISAをあわせると年間最大200万円まで投資が可能となります。

投資未経験者におすすめなのは積立NISA!

一般NISAと積立NISAは併用することができませんので、どちらの制度を使うか選ぶ必要がありますが、基本的にこれから投資をスタートする人には積立NISAをお勧めします。

その理由は3つです。

長期・積立・分散投資で利益を狙いに行きやすい

金融庁も推進している投資の鉄則である長期、積立、分散投資を行うにあたって積立NISAは最も使いやすい制度です。

年間40万円(月約33,000円)を毎年コツコツ20年間積み立てていくと800万円となりますが、このように一度に大きく投資するのではなく少額を積み立てていくことが利益を安定させる投資手法となります。

金融庁のホームぺージより引用

興味深いデータですが保有期間5年の場合は運用成果が人によってまばらでプラスになっている人もいれば、マイナスになっている人もいる、つまりその時の相場の状況や投資スキル、運によって左右されるということです。

一方で保有期間20年の場合は全ての人がプラスのリターンとなっているのです。これは様々な地域や資産分散効果と長期運用による時間分散効果によるものでこれから投資を行う人であれば、この長期・積立・分散投資を最大限発揮できる積立NISAをおすすめします。

腕に自信のある方は年間最大120万円で投資が可能な一般NISAを選んでくださいね!

積立NISA口座は楽天証券で開設するのがおすすめ

様々な金融機関がNISA口座争奪戦を繰り広げていますが、これからNISA口座を開設する人、または現在開設している人は楽天証券での開設をお勧めします。

その理由はずばり楽天証券で積み立てることで別に楽天ポイントは貰えるからためです。

詳しく解説すると積立NISAの積立額を楽天カード決済にすることで積立額の1%の楽天ポイントが付与されます。

仮に年間上限額いっぱいの積立を20年間行ったとすると、

40万円(年間上限額)×20年(非課税投資期間)=800万円

800万×1%=8万ポイントの楽天ポイントをGET

無条件で獲得できるポイントが8万ポイントもついてくるなんてお得ですよね!

せっかく1つしか口座が開設できないのであれば積立額に応じて楽天ポイントが付与される楽天証券で開設してみてください。

ふみーが実際に取引している商品は?

既に記事に書いた通り、積立NISAは金融庁が厳選した選りすぐりの商品から選ぶことができるのでその点でも一般NISAに比べれば敷居が低いですが、それでも2020年3月時点で179商品あります。

ちなみにお勧めする楽天証券では152商品の取り扱いがありますがそれでも多いですよね。

どれ選んでいいか分からないよって人は楽天証券おすすめの商品が検索できる機能がありますので活用してください。

右の【パッケージから選ぶ】を選択】

【堅実派のあなたを選んだ場合】

【積極派のあなたを選んだ場合】

【バランスファンドから選んだ場合】

 

一般的な投資信託選びで重要になるのは販売手数料や信託報酬などの手数料ですが、積立NISAは金融庁が厳選した低コストの商品ばかりですので、後は自分がとれるリスクに従って投資対象を選んでみてください。

ちなみに私が積立NISAで選択したのは楽天・全米株式インデックス・ファンドです。

商品選びのポイントは値上がりが期待できる点、人気の高い点です。

こちらの投資信託はその名の通りアメリカ中の企業に投資できるいわばアメリカ経済の発展による収益が期待できる商品です。

最近ではコロナショックの影響で連日アメリカ企業の株価が暴落していますが、私は一時的な株価の下げと考えています。

世界中の投資家がアメリカに投資する流れはこれからも変わらない流れだと考えていますので、日本に住みながらも積極的に値上がりが狙えるアメリカに投資していきます。

また人気が高いというのは資金が流入しているファンドであるということ。投資信託のリスクとして資金が集まらない商品は早期償還といって途中で商品が無くなるリスクがあります。

せっかく20年の非課税期間という長い期間を与えてもらっているので、そのリスクを排除するためには資金が集まっている商品を買うのが安心ですよね。

まとめ

今回は楽天証券での積立NISAを紹介しました。

私は2020年4月1日から運用がスタートしますので、今後こちらのブログで運用状況を紹介していきたいと思います。

お楽しみにー!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました