【買って満足!配当は驚異の6%超!】オリックス株をお勧めする3つの理由!

株式投資

どうも!

サラリーマン投資家のふみーです!

私は2014年に会社の上司の勧めで投資デビューし、

今までに…

投資信託

FX自動売買

FXスワポ投資

CFD

先物・オプション取引

不動産

仮想通貨

など様々な投資を経験してきました。

このブログは三度の飯より投資好きの筆者が運営するサラリーマンのための資産運用ブログです!

 

私のブログへ訪問していただきありがとうございます。

本日はオリックスへの株式投資について記事をまとめました!

 

結論からいうと『安全性』、『高配当』、『魅力的な株主優待』と3拍子揃っており、

とても魅力的な銘柄です!

 

それではいってみましょう!

 

スポンサーリンク

オリックスってどんな会社?

イチローや元AKBの川栄 李奈さんのCMで見かける事のあるオリックスですが、

実際どのようなビジネスを行っているのか知らない方も多いのではないでしょうか?

 

オリックス株式会社(銘柄コード:8591)は総合リースの最大手で、

1964年にリース事業からスタートし、現在は法人金融、メンテナンスリース、不動産、事業投資、リテール、海外事業の6つのセグメントで構成されています。

 

2019年3月期 オリックス決算資料

世界37カ国に展開し、社員数約32,000名の超大企業です。

そしてなんと設立初年度を除き、54年連続で黒字を確保している超利益体質の優良企業です。

あの未曾有の金融危機、リーマンショック時にも赤字に転落していません。

経営陣が優秀なんですね!

2019年3月期 オリックス決算資料

 

また日本全体で時価総額(企業価値)は2兆3千万の55位。

経常利益(企業利益)は3,957億円の24位と日本を代表する企業に成長しています。

(2020年3月3日時点)

時価総額ランキング

経常利益ランキング

 

オリックスの財務指標のチェック!

オリックスの財務指標を『割安性』、『安全性』、『収益性』の観点で分析してみます。

割安性

オリックスの予想PERは5.3倍

PER(株価収益率)

会社の利益と株価の関係性から現在の株価の割安度を図る指標。

高ければ割高、低ければ割安といえる。

株価÷1株あたりの利益

一般的にPER15倍以下は割安と言われていますが、

上場以来ずっと割安で放置されている銘柄もありますので、過去の実績も見ていきましょう。

オリックスのPERは最大11.3倍~最小4.9倍で推移しており、

これを見ても現在はかなり割安の状態と言えそうです。

 

同じくPBRも見ていきます。

PBR(株価純資産倍率)

会社の純資産と株価の関係から現在の株価の割安度を図る指標。

高ければ割高、低ければ割安といえる。

株価÷1株あたりの株主資本

 

オリックスのPBRは0.53倍。

過去は最大0.96倍~最小0.48倍で推移していました。

こちらの数値を見ても現在の株価は割安な状態と判断できそうです。

補足ですがPBR=1倍というのが評価基準で、

それを下回ると割安水準となります。

これを考慮するとオリックスのPBRの最大値は0.96倍ですので、

ずっと割安水準で放置されていると言えそうですね。

 

割安性を図るPER、PBRは株の高値掴みをしないためにも必ず見ておきたい指標ですね。

安全性

次に企業として安定しているのか財務指標で見ていきます。

自己資本比率

自己資本比率 

返済不要の自己資本が総資本に対して何%あるのか図る指標。

自己資本比率が高ければ安定、低ければ不安定な経営をしていると言える。

自己資本÷総資本×100

オリックスの自己資本比率は23.8%です。

一般的に自己資本比率40%以上の会社が安定していると言われていますが、

業種によって自己資本比率の適正な水準は異なります。

よって同業他社と比較したいと思います。

業界大手の競合他社である東京センチュリー(8.2%)三菱UFJリース(13.1%)と比較すると、

オリックス(23.7%)の自己資本比率は高水準ですね!

競合他社と比較することでオリックスの安全性がよく分かります。

 

もう1つ私が良くみる指標を紹介します。

有利子負債比率

有利子負債比率

返す必要のある借金が自己資本に対して何%あるのか。

値が低い方が経営が安定していると言える。

有利子負債÷自己資本×100

 

これも同じく同業他社と比較します。

東京センチュリー(77.1%)、三菱UFJリース(75.4%)と比較すると、

オリックス(34.7%)の有利子負債比率は低水準となり、

有利子負債を自己資本で十分にまかなえており安定経営をしているといえます。

 

自己資本比率と有利子負債比率をセットで見ることでその企業の安全性がよく分かりますよ!

収益性

代表的なROEという指標で見ていきます。

ROE(自己資本利益率) 

自己資本をいかに効率気に運用して利益を出したか図る指標。

一般的には10%~20%が優良企業とされている。

当期純利益÷自己資本×100

オリックスのROEは10.9%で優良企業の基準である10%~20%に収まっていますね。

同業他社と比較すると東京センチュリーが11.7%とオリックスを上回るROEとなっています。

このROEの水準はオリックスも課題として挙げており、

2019年3月の決算資料にはROE11%以上の目標を掲げています。

2020年5月に発表される決算が楽しみですね!

もう1つは営業利益率です。

営業利益率 

売上高に占める営業利益の割合。本業で儲ける力を図る指標。

営業利益÷売上高×100

東京センチュリー(7.3%)、三菱UFJリース(9.3%)と比較すると、
オリックス(13.5%)の営業利益率は高水準ですね。
本業で稼ぐ力のある企業と言えそうです。

オリックスの配当はどれくらい?

ここからはみんな大好き配当の時間です(笑)

オリックスの2019年3月期の配当金は通期で76円

現在の株価にすると配当利回りは6.09%となります。

めちゃくちゃ高い配当利回りですよね!

銀行預金の600倍の利回りとなります。(もちろん投資なので元本保証ではありませんが…)

2019年3月期 オリックス決算資料

2020年3月期はどの企業も新型コロナを事業のリスク要因と考えていますが、

2020年5月21日(木)に発表されるオリックスの配当方針が楽しみですね。

減配だけは勘弁して…。

また同業他社との比較で配当利回り配当性向を載せておきます。

配当性向

その年の純利益から配当金をどの程度支払ったのか示す指標。

配当性向が高すぎると減益となった際に減配されるリスクが高い。

配当性向が低い方が配当維持・増配の可能性が高い。

1株あたりの配当額÷1株あたりの純利益×100

配当性向は30.1%と決して無理した水準では無いので、
高配当銘柄として長く持っておけそうです。

オリックス株の3つの魅力

オリックス株の3つの魅力はずばり安全性、高配当、魅力的な株主優待です。

1、安全性

オリックスはリース会社からスタートし、

法人金融

メンテナンスリース

不動産

事業投資

リテール

海外事業

この6つのセグメントに分けることで安定的に利益が出る体制を構築しています。

どこかのセグメントが稼げなくても、他のセグメントでカバーすることで

全体の収益を調整しています。

やはり事業はリスク分散が大事。54年間連続黒字の実績が物語っています。

長期目線で株式を保有したい人はオリックスのような大企業を保有するのが安心ですね!

2、高配当

既に述べたようにオリックスの2019年度の配当金予想は76円です。

これを今の株価水準で計算してみましょう。

(ちなみにオリックスは年に2回配当金を支払っています。)

2020年5月8日の終値は1,248円。

最低単元100株保有の場合

100株×76円=7,600円←通期の配当金

7,600円÷(1,248円×100株)×100=6.09%←配当利回り

株を買って一年間保有しているだけ年利なんと6.09%となります。

日本企業の配当利回りの平均は2%に届かない水準ですので、

安定している企業でこの高配当は魅力的ですよね。

但し、今回のコロナショックの影響で2021年3月期の決算が厳しくなるのが予想されますので、

当然配当金が下がる、いわゆる減配のリスクもあります。

2020年3月期決算に注目ですね!

3、株主優待

更にオリックスは株主優待も充実しています。

TVで桐谷さんの株主優待生活を見て、

優待に興味を持った人も多数いるのではないでしょうか?

 

そのうちの1人が私です(笑)

オリックスの株主優待は【ふるさと優待、株主カード】という内容で実施しています。

100株保有することで両方貰えてしまいますよ!

ふるさと優待

  • 3月末時点で100株以上の株式を保有している
  • 株式を3年以上保有している人はAコース、3年未満の人はBコースから(Aコースの方が内容は豪華になる)
  • ギフト商品は毎年更新

Aコース

Bコース

昨年私はAコースの仙台の牛タンを選びました。

牛タンが超厚切りで味付けも良く、妻と子供が大喜びで食べていましたよ!

最低100株から優待が貰えるので、

夫婦で100株ずつ保有して優待を2重取りするのもお勧めです

株主カード

ふるさと優待とあわせて株主カードも優待として使えます。

 

株主カードの提示により、オリックスグループの各種サービスを割引価格で利用できます。

一例をあげると、

オリックスレンタカー

すみだ水族館

オリックスバッファローズ観戦チケット

などです。

オリックスは全国に幅広く展開していますのでサービスを使う機会は多そうですね!

まとめ

本日は【安全性】、【高配当】、【魅力的な株主優待】のオリックス株を紹介しました。

最低単元は100株となりますので、

1,248円×100株=124,800円で投資が可能です。(2020年5月8日時点)

いきなりまとまった資金での投資は怖いなという人にはSBIネオモバイル証券をお勧めしています。

ネオモバイル証券は1株単位から取引ができますので、少額投資や分散投資が可能です。

私もSBIネオモバイル証券を愛用しており、高配当銘柄を中心に少額・分散投資を行っています。

直感的に操作できるアプリが秀逸ですので試してみて下さいね!

 

口座開設は下記からできますので、

興味ある人は開設してみて下さい!

 

それでは!

SBIネオモバイル証券

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました