FXによる積立投資!1通貨から取引ができるSBIFXトレードで不労所得を作ろう!

FX

どうもー!サラリーマン投資家のふみーです。

皆さんご存じでしょうか?SBIFXトレードでは1通貨から取引が可能で小額から外貨投資できるんです!

スワップポイントも比較的高水準のため、スワップポイントを利用した積立投資で不労所得を得られるのではないかと考え調べてみました。

 

最後までお付き合い下さい!

スポンサーリンク

SBIFXトレードってどんな会社?

SBIFXトレードはネット金融大手のSBIグループが運営するFX取引所です。

なんと最低1通貨から取引が可能なことで話題を集めています。

大抵のFX会社は10,000通貨からの取引となっていますので、例えば1米ドル=100円で米ドル/円の取引をしようとすると、10,000通貨×100円=100万円の入金が必要となります。(レバレッジ1倍の場合)

百戦錬磨のFXトレーダーであれば、これくらいの投資金額はへっちゃらでしょうが、これからFXデビューしたいビギナーにとっては少し気が引ける金額ではないでしょうか?

SBIFXトレードでは最低1通貨からの取引が可能なため、1米ドル=100円の場合、1通貨×100円=100円で取引が可能です。(レバレッジ1倍の場合)

 

そもそもFXの魅力とは?

 

読者の皆様はFXについてどのようなイメージをお持ちでしょうか?

FXの取引をしたことない方は『ハイリスクで怖い』、『〇〇万円負けたなどの話を聞く』などあまりいい印象は無いのでは?

実は私もFX取引を行うまでは、怖くて手が出せない投資というイメージでした。

しかし最近ではFX会社も凌ぎを削って様々なサービスを提供してきています。

例えばマネースクエアのトラリピトライオートFXなどの自動売買取引が充実されたり、

各社のスワップ投資を前面に押し出した競争激化などの影響で、FX取引の裾野が広がってきています。

FX取引=怖い、ハイリスクというイメージからFXを有効な資産運用の1つとして取り入れる事ができる環境が整ってきている印象です。

FX取引歴3年の筆者が考えるFXの魅力をご説明します。

FX取引のメリット① レバレッジ機能

FXでいうレバレッジとは少ない資金で大きな金額を取引できる事です。

例えば、1米ドル100円で10,000通貨を買いたい時、本来なら100円×100,000通貨で100万円の資金を準備しなくてはなりません。

しかし、FX取引にはレバレッジ機能があり、最大25倍のレバレッジをかけられます。

よって100万円÷25倍=4万円で取引が可能です。凄くないですか?!

注意点は最大の倍率をかけて少ない資金で取引してしまうと相場が逆方向に動いた時にロスカット(強制決済)されてしまうリスクがあることです。

同じ取引量を保有するのにレバレッジありとなしでは資金量に大きな差が生じますのでうまく利用しない手はないですよね。

FX取引のメリット② スワップポイント

FX取引では異なる2つの通貨を取引し、価格差で収益を狙うものですが、それ以外にスワップポイントという金利を受け取ることもできます。

具体的には金利の低い通貨から金利の高い通貨を交換することによりスワップポイントが毎日もらえます。

この毎日チャリンチャリン入ってくるスワップポイントで不労所得を得ようと考えている方は大勢いますね。私もそのうちの1人です!

 

スワップポイントで不労所得憧れますねー!

あまり知られていませんが、FX会社には信託保全という仕組みがあり、仮にFX会社が倒産したとしても、預けている金額に上限無く全額資産は保護されます。一方で銀行は預金額の1,000万とその利息まで、外貨預金に関しては資産保全の仕組みがそもそもありません。一見危険そうなFXに資産を置いておく方が安全という事実を皆様はご存じでしたでしょうか?

FX取引のメリット③ 信託保全の機能を持つ

あまり知られていませんが、FX会社には信託保全という仕組みがあります。

この仕組みにより仮にFX会社が倒産したとしても、預けている金額に上限無く全額資産は保護されます

一方で銀行では預金額の1,000万とその利息まで保護されるペイオフという制度がありますが、実は外貨預金に関してはペイオフは対象外となっています。

安心して取引するのであればFXの全額資産保護は心強いですね!

外貨投資をする上ではぜひしっておきたいポイントになります。

 

FXでレバレッジ1倍で取引すれば、外貨預金と同じ投資ができます!

スワップポイント投資のおすすめ通貨は?

2020年3月頃から新型コロナウィルスの影響で各国が政策金利の引き下げを行ってきました。

その影響からFX会社のスワップポイントも大きく下落しています。

 

スワップポイント派には厳しい展開…

私が目論んでいた米ドルのスワップ投資もあまり魅力的な水準では無くなりました…

(10,000通貨で毎日20円のスワップポイント。レバレッジ1倍の年利は0.68%。)

スワップポイント派には中々きつい状況ですが、この環境下でも投資をスワップポイント投資ができそうな通貨を見つけてきました!

それはメキシコペソ中国人民元です!

この通貨を選んだ理由は別記事で紹介したいと思いますが、簡単に説明しますね。

①政策金利の高さ

②格付け

トルコリラ、ブラジルレアル、南アランドなども高金利通貨として人気がありますが、国としての格付けは低く、リスクが高い通貨ですので長期的な投資をするうえでは避けたい通貨です。

 

長期的に見ると通貨の価値は下落し続けてます。

このリスクを排除するために、政策金利が高くかつこれらの新興国の中でも格付けが高いメキシコペソと中国人民元を選びました。

メキシコペソの政策金利は6.5%、格付け機関のMoody’sではA3orA-

人民元の政策金利は4.35%、格付け機関のMoody’sではA1

(2020年3月現在)

となっています。

格付けに関して同社はBaaまでを投資適格としており、メキシコペソ、人民元ともに当てはまっていることからある程度安心して取引ができますね。

このあたりはもう少し精査のうえ、5月ごろから投資をスタートしたいと考えています!

SBIFXトレードを使った投資戦略とは?

やはり少額投資を活かすなら、通貨分散時間分散を取り入れたいですね。

通貨分散

イギリスの投資の格言に、『たまごを全て同じカゴに盛るな』というものがあります。

カゴをいくつか用意し、そこに分けて入れることで大事なたまごを守ろうという意味ですが、FXに置き換えると通貨分散が当てはまりますね。

SBIFXトレードでは最低1通貨から取引ができるので、米ドルであれば100円(1ドル100円の場合)から、人民元であれば15円(1人民元=15円の場合)から取引ができます。

自分の気になる通貨をピックアップし、少額から様々な国に投資できるのは有難いですね!

時間分散

少額取引を活かす方法の2つ目が購入時期の分散です。

1通貨から取引できるということは極端な話、毎日購入することも可能となります。

また購入時期を分散することで価格の平均化を狙うことができます。

更にSBIFXトレードでは毎日入ってくるスワップポイントを小額から再投資することも可能ですので複利運用効果を最大化することもできます!

SBIFXトレードのユーザーの声は?

 

やはりスワップの高さ1通貨から取引可能な点がユーザーに好評ですね!

 

まとめ

本日はSBIFXトレードの魅力や特性を活かした投資戦略について紹介しました。

運用は5月頃からスタートする予定ですのでその後は実際の取引履歴も紹介させていただきます!

将来的な不労所得を得るためにSBIFXトレードの取引を皆様もぜひ初めてみてくださいね!

SBIFXトレード

コメント

タイトルとURLをコピーしました