年利13%!トライオートFXの豪ドル/NZドルは超おすすめ!

FX自動売買

どうも!サラリーマン投資家のふみーです!

私は2014年に会社の上司の勧めで投資デビューし、

今までに…

投資信託

FX自動売買

FXスワップポイント

CFD

先物・オプション取引

不動産

仮想通貨

など様々な投資を経験してきました。

このブログは三度の飯より投資好きの筆者が運営するサラリーマンのための資産運用ブログです!

本日はインヴァスト証券が提供するFX自動売買であるトライオートFXを紹介します。

私は2019年から本格的に取引をスタートし、

15か月の運用実績は+約42万円となっています。

入金額は250万円で、年利に換算すると約13%と十分すぎるリターンが出ています!

トライオートFXはこんな人にぴったりです。

・これからFX自動売買を始めたい人

・不労所得を作りたい人

・仕事がらなかなか相場がチェックできない人  

 

本日は、

そもそもトライオートFXって何だろう?

どれくらい利益が出るのだろう?

そんな疑問に答えていきたいと思います!

 

それでは行ってみましょう!

スポンサーリンク

トライオートFXって何?

トライオートFXはインヴァスト証券が提供しているFX自動売買取引のサービスのこと。

インヴァスト証券は他のFX会社と比べて特に自動売買に力を入れており、

ETFの自動売買取引であるトライオートETF

世界中のプロ投資家が作成した売買ロジックを使って取引が可能なシストレ24

などの自動売買があります。

 

FX取引の敷居を下げ、投資未経験者でも始めやすいサービスを提供しています。

トライオートFXの売買方法とは

その中で私が愛用しているのがトライオートFXです。

トライオートFXの売買方法は全部で3つあります。

 

1、コアレンジャー

2、スワッパー 

3、ハーフ

です。

 

今回紹介するのは最も通貨ペアが多く、ユーザーから最も人気があるコアレンジャーです。

下の図はコアレンジャーのロジックです。

通貨ペアの過去の為替の動きからレンジ帯を2つに分け、

中心のコアレンジで細かく売買し、サブレンジでは大きな利幅で取引を行います。

特にコアレンジにいる時は両建て取引となる事から大きな収益が期待できます!

 

コアレンジャーで売買できる通貨ペアは?

全部で13通貨ペア取引可能です。(2020年2月時点)

コアレンジャー_ユーロ/豪ドル
コアレンジャー_カナダドル/円
コアレンジャー_米ドル/円
コアレンジャー_スイスフラン/円
コアレンジャー_豪ドル/NZドル
コアレンジャー_米ドル/スイスフラン
コアレンジャー_NZドル/円
コアレンジャー_ユーロ/英ポンド
コアレンジャー_豪ドル/円
コアレンジャー_ユーロ/円
コアレンジャー_NZドル/米ドル
コアレンジャー_豪ドル/米ドル
コアレンジャー_ユーロ/米ドル

この中で私が実際に取引している通貨ペアは豪ドル/NZドルのペアです。

私が運用を始めた当時は最も収益率の高い通貨ペアで、

現在も安定的に利益を積み上げてくれています。

コアレンジャーのロジックで有利になる通貨ペアの特徴は、

狭いレンジで激しく為替が動く通貨ペア

でこの豪ドル/NZドルは、

・中国との関係が深く、中国経済の影響を受けやすい

・資源国である

・金利水準も同じ

・先進国で財政リスクが低い

など共通する部分が多く、

その結果他の通貨ペアに比べると狭いレンジで動いてくれます。

既にトラリピでクロス円の取引をしていたので、円以外の通貨にも分散投資したいという思いもありました。

トライオートFXのメリット、デメリット?

メリット

1、注文が超簡単。

トライオートFXの注文方法は非常に簡単です。

自動売買セレクトから運用したい通貨をカートに入れ、注文を確定するだけ。

ネットショッピングの感覚で取引がスタートします。

2、他の自動売買に比べて細かなカスタマイズが可能

運用に慣れてくると用意されているロジックでは物足りなくなったり、レンジを変更するなど修正したくなります。

インヴァスト証券にはビルダーという機能があり、

自分で一から自動売買を作成し世界で1つのロジックを作成する事ができます。

ビルダーに興味のある方は下の記事で作成方法を解説しています!

デメリット

1、含み損をかかえながらの運用が基本

コアレンジャーのロジックはレンジ帯をコアレンジサブレンジに分け、

コアレンジ帯では両建て(買い注文、売り注文)で積極的に売買を繰り返していきます。

その為基本的には含み損をかかえながらの運用となります。

含み損をかかえるのが精神的に辛い方にはおすすめしませんが、

長期で見ると為替は一歩的な動きにならずにレンジ相場を形成しますので、

今ある含み損は将来の利益の源泉です。

2、マイナススワップが発生する

マイナススワップとは、ポジションを保有しているだけで毎日かかる金利のこと。

私が運用している豪ドル/NZドルの場合、

2020年2月の直近のスワップポイント実績は1万通貨あたり買いポジションで-23円売りポジションで+5円です。

つまり買いポジションを持っているだけで毎日スワップポイントが引かれるので、

これを嫌って運用を辞める人もいます。

ただ私はそのデメリット以上に豪ドル、NZドルの値動きの相関性はメリットと感じています!

マイナススワップがどれくらい収益に影響を及ぼすのかは下の記事を参考に。

実際の運用実績は?

2019年から本格的に運用をスタートし、

15か月の運用実績は+約42万となっています。

入金額は250万円で、年利に換算すると約13%と十分すぎるリターンが出ています!

(※2020年3月にコロナショックの影響で為替が大きく動いたので、

予防措置として50万円入金しています。)

ポイントはこの利益を完全ほったらかしで実現できていること

ここまで大きな金額は準備できなければ、

注文する通貨量を調整することで30万円くらいから取引ができます。

 

 

コロナショックの中でも安定的に利益を積み重ねてくれました!

トライオートFXみんなの声

トライオートFXを使っているユーザーの生の声は参考になりますね。

 

・投資未経験者でも利益が得られる

・少額でも取引ができる

・豪ドル/NZドル以外にもたくさんの通貨ペアを選択できる

私ももっと研究して運用額を増やしていきたいです。

まとめ

本日はトライオートFXのコアレンジャーという自動売買をご紹介しました。

トライオートFXの特徴をまとめます。

・注文が簡単

・ほったらかしの自動売買

・豪ドル/NZドルの通貨ペアがいけてる

・収益率が年利約13%

 

FX自動売買は日々本業にいそしむ忙しいサラリーマンの味方です。

これからの時代を生き抜くために大切なお金を『貯める』のでは無く、

大切なお金に『働いてもらう』のが重要です。

ぜひ皆様も一歩踏み出して運用をスタートしてください!

 

口座開設はこちらから

 

トライオート

コメント

タイトルとURLをコピーしました