60代から始めるおすすめのトラリピ設定は?実際の運用実績も大公開!

トラリピ

どうも!サラリーマン投資家のふみーです。

私には60代の母親がいますが、今まではどちらかというと投資よりも貯金を重視しており資産を増やしてきました。

ただ最近は私ががんがん投資をやっていてそんな話ばっかりしている影響で投資に興味を持ち始めています。

母親が余裕資金100万円を使って運用したいといい始めたのでおすすめしたのはマネースクエア社が提供するFXの自動取引であるトラリピです。

本日は母親がトラリピを選んだ理由や実際の設定内容、運用実績を公開します!

スポンサーリンク

トラリピとはどんなサービス?

マネースクエア社が提供するFXの自動売買取引サービスをトラリピといいます。

トラリピについて詳しく知りたい方は下記の記事を読んでください。

トラリピで不労所得GET!あなたの代わりに働いてくれるトラリピの正体とは?

トラリピを使うことで一度設定してしまえば後は全自動で取引をシステムが行ってくれます。

相場を予想しないFX取引が可能ということで、トラリピユーザーの7割以上が利益が出ているというデータもあるようです。

母親がトラリピを選んだ3つの理由

1、人生100年時代を見据えた時の資産運用の必要性。

2017年の男性の平均寿命は81歳、女性は87歳です。一昔前に比べると大幅に長生きになっていますね。様々な要因が考えられますは一番の理由は医学の進歩でによる長寿化です。

今後は更に平均寿命が延びていくことが予想されていますので人生100年時代を見据えた資産運用の必要性を感じたため真剣に資産運用について勉強するようになりました。

2、余裕資金だからこそ収益性を重視

60代からは資産を防衛することが重要だと言われていますが、母親の考えでは余裕資金だからこそ収益性を重視したいとの考えでした。

一般的に投資信託の年間リターンは2%~5%と言われてますが、それ以上の利回りが取れる商品を探した時にトラリピで期待できる収益が自分にあっていたとのことです。

3、全自動で日々の生活の邪魔をしない

母親の場合、趣味で投資を始めたいわけではないので、日々の生活に支障が出る投資はNGでした。

一度注文してしまえば、後は全自動で24時間取引を行ってくれるトラリピがちょうどよかったようです。

実際のトラリピ設定を公開

当然いきなり自分で設定方法を決められなかったので私からアドバイスしました。

選んだ通貨ペアは既に私と妻が運用している豪ドル/円です。

この通貨ペアにした理由は下記の記事を参照してくださいね。

トラリピ設定を大公開!年利9%越え&ロスカットも怖くない!

得意のハーフ&ハーフ設定(買いゾーン・売りゾーンの2層にわける設定)で注文しています。

買いゾーン

運用額:100万円

注文レンジ:60円~80円

レンジ内の本数:66本

1本あたりの通貨:1000通貨

狙う利益:1000円

ロスカット:57円

売りゾーン

運用額:100万円

注文レンジ:80円~95円

レンジ内の本数:66本

1本あたりの通貨:1000通貨

狙う利益:1000円

ロスカット:102円

買い設定、売り設定共に少し責めた設定としてますが、有事の時はすぐに追加入金できるよう準備しています。

(豪ドル/円過去最低値は55円)、(豪ドル/円過去最高値は107円)

実際の運用状況は?

2019年5月から運用をスタート。

現在の累計利益は89,673円で11か月経過の想定年利は約9.7%達成です!

十分すぎるほど利益が出ていますね。特に2月~3月のコロナショックで利益が伸びています。

荒れ相場であればあるほど利益が出るトラリピは運用ポートフォリオの一部に入れたいですね。

ただし、大きな含み損をかかえている状況ですのでロスカットに注意しつつ、不測の事態に備えていつでも追加入金できるように準備しておきたいですね。

 

まとめ

本日は60代の母親のトラリピ設定とリアルな運用実績を記事にしました。

FX初心者でも簡単に設定が可能で後は全自動で取引してくれるトラリピは優秀ですね!

ご興味ある方は下記から口座開設が可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

マネースクエア

コメント

タイトルとURLをコピーしました