【単元未満株積立シミュレーション】もしもKDDIを毎月10株ずつ購入したら資産額はどれくらいに?

シミュレーション

どうも!

サラリーマン投資家のふみーです。

私が実践中の単元未満株投資を用いた日本株高配当銘柄の投資ですが、

実際にどれくらいのパフォーマンスになるのかずっーと気になっていました。

 

 

色々とグーグル先生を使って検索してみましたが、いいサイトは見つからず…

ならばExcelで作ってみようという事で、ようやくそれらしい物が出来上がりました。

 

『〇年前に毎月〇株ずつ購入した場合、運用パフォーマンスはどれほどになるのか。』

 

あくまで過去の相場に当てはめたシミュレーションですが、

大体の目安が分かると面白いですよね。

 

まずは第一弾として高配当、高優待で個人投資家に大人気のKDDIの試算をしてみます!!

 

高配当銘柄のパフォーマンスはどれくらいなんだろう?

 

 

どんな銘柄を買ったらいいかな?

 

 

このような悩みをお持ちの方に読んでいただきたいです。

 

それではいってみよう。

 

 

スポンサーリンク

シミュレーションの前提条件

 

まず本シミュレーションの前提条件です。


期間:2013年1月~2020年8月まで(92か月間)

購入タイミング:月足データの月末の終値(例:2020年8月なら8月31日の終値)で毎月1回買付

購入数:10株

配当金:再投資あり、再投資なしでシミュレーション


 

シミュレーションする銘柄の月足データはHYPER SBI

過去の配当金のデータはマネックス証券(銘柄スカウター)

 

こちらのデータを引用しています。

 

KDDIを毎月10株ずつ積立てた時のパフォーマンスは?

 

高配当、高優待、好業績!3拍子揃ったみんな大好きKDDIをコツコツ積立投資した場合のシミュレーションです。

KDDIを分析した記事は下記になります。

 


シミュレーション条件

銘柄      :KDDI(9433)

購入株数:10株

購入頻度:毎月(2013年1月~2020年8月までの計92か月)

配当金   :再投資あり、なしの2パターン

配当にかかる税金:20%で計算

評価額   :2020年8月31日終値の株価で計算

 

 

KDDIの配当金推移

出所:マネックス証券

いわゆる連続増配銘柄ですね。綺麗な右肩上がりのグラフを描いています!

 


それではシミュレーション結果です。

 

さ~果たして結果はどうなるのでしょう。

 

 

配当金を再投資しない場合とする場合で見てみましょう。

 

どちらも投資金額の合計は2,459,884円です。

(配当金は自分の元手から出ていくものではないので、本シミュレーションでは投資金額に含めない事とします。)

 

配当金再投資なし

保有株数920株 評価額3,109,120円(配当金額277,360円込み) リターン26.4%(+649,236円)

※受け取った配当金額は評価額に加算しています。

 

配当金再投資あり

保有株数1,015株 評価額3,136,629円(再投資後の端数金額12,459円込み) リターン27.5%(+676,745円)

 

再投資後の端数金額とは...

振り込まれた配当金の範囲内で株を取得しますが、当然割り切れない数字が発生します。

例えば、株価1,000円、配当金2,100円の場合、2,100円÷1,000円=2株購入し、100円は余ります。

これを本シミュレーションでは端数金額として処理し、合計した数字を評価額(再投資あり)に含んでいます。

 

配当金再投資なしで約65万円、再投資ありで約68万円の利益が出るといったGOODな結果となりました!

 

やはり配当金を再投資した方がパフォーマンスがいいですね!

その差1.1%、評価額は27,000円です。

 

注目してほしいポイントは保有株数の差です!

 

配当金再投資ありとなしを比べてみると保有株数に95株もの差が生まれています。

 

今回のシミュレーションは約8年間と短いですが、この期間が10年、15年、20年と長くなるにつれ配当金再投資の威力が大きくなり、保有株数が劇的に増えていきます。

まさに複利投資の威力を体験できるのが配当金の再投資です!

この点は念頭において投資していきたいですね!

 

まあ、どちらにせよKDDIの株を毎月月末の終値で10株ずつ購入していれば資産は最大27.5%増えたという事です。

 

約8年間の投資になるので年利3.5%という結果ですが、

 

初めにまとまった資金が必要ない

毎月決まった日に購入するので投資のタイミングを狙わなくていい

 

この点を考慮すると十分すぎる投資結果だと個人的には思います。

 

買うだけで資産が増える、こんな高配当株をどんどん見つけていきたいですね!

 

まとめ

 

本日はKDDI株の積立シミュレーションを紹介しました。

あくまで簡単なシミュレーションで将来の運用実績をお約束するものではありませんのでご注意ください。

積立するタイミングや再投資のタイミングによって運用実績は変わってきますので。

 

銘柄選びの参考程度にとどめていただければ幸いです。

 

こんな感じで気になる銘柄をシミュレーションを行って定期的にブログにまとめていきたいと思います。

 

 

少額から分散投資が可能な単元未満株投資はこれから投資デビューを迎える方にお勧めです。

 

私が利用している2社の証券会社で単元未満株投資が可能です。

 

SBIネオモバイル証券

 

LINE証券

 

まずは小額からチャレンジしてみたい方は下記から口座開設してみてくださいね~!

 

 

 

 

現在『にほんブログ村』の投資ブログランキングに参加しています!

気に入っていただけたら下記をクリックいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました